天日名鳥命神社

湖山池の南西、鳥取市大畑に鎮座する古社。「天鷺の宮」とも呼ばれ、もともとは、鷺(さぎ)は三祀(さぎ)のことで、天日名鳥命(あめのひなどりのみこと)、天穂日命(あめのほひのみこと)、天日鷲命(あめのひわしのみこと)を祀る神社があったのが焼失したので、合祀して三柱を祀る、「天三祇宮」になったとも伝えられています。

古代豪族・因幡国造ゆかりの古社ですが、創建年代は不詳

小山の頂に鎮座する社で、『鳥取県神社誌』によれば、麓の腰掛岩に祭神・天日名鳥命が腰掛けて魚を釣ったのだとか。
神社の北の福井地区には、古代豪族・因幡国造(いなばくにのみやつこ)氏の氏神・天穂日命を祀る天穂日命神社(あめのほひのみことじんじゃ)があります。天日名鳥命は、天穂日命の御子神。

現存する社殿は、1820(文政3)年の再建。
 

天日名鳥命神社 DATA

名称 天日名鳥命神社/あめのひなどりのみこと
所在地 鳥取県鳥取市大畑874
時間 境内自由
ドライブで 鳥取自動車道鳥取西ICから7.8km(11分)
問い合わせ 鳥取市観光コンベンション協会TEL:0857-26-0756

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!