白兎神社

日本神話に登場する「因幡の白兎」(いなばのしろうさぎ/『古事記』では「稻羽之素菟」)で知られる白兎神を主祭神とする神社。境内の社叢(鎮守の森)は国の天然記念物。皮膚病に霊験のある神、縁結びの神様として尊崇を集めています。

白兎神社の拝殿

白兎神社の拝殿

因幡の白兎神話発祥の地と伝わる霊地

鎮座する身干山と通称される地は、因幡の白兎が身を乾かした山。境内にある御身洗池は白兎が身体を洗った池と伝わっており、まさに神話の故郷。
創建年代は不明ですが(平安時代編纂の『延喜式神名帳』には記載がありません)、鹿野城主・亀井茲矩(かめいこれのり/因幡鹿野藩初代藩主)が慶長年間に再興しています。
社前の国道9号沿いには「道の駅神話の里白うさぎ」があるほか、白兎海岸沖には白兎がいたとされる淤岐島(おきのしま)もあるのでお見逃しなく!
皮膚病に霊験のある神、医療の神として、また縁結びの神として篤く信仰される因幡屈指のパワースポットです。

白兎神社の本殿

白兎神社の本殿

神紋は亀甲に剣花角

神紋は亀甲に剣花角

因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)
『古事記』に記載される「稻羽之素菟」(いなばのしろうさぎ)。淤岐島(おきのしま)から稻羽(いなば)に渡ろうとした白兎。和邇(ワニザメ)を欺き、和邇を並べてその背を渡ろうとしたところ、毛皮を剥ぎ取られてしまします。そこを大穴牟遲神(大国主神)に助けられるという話です。淤岐島は、白兎海岸沖にある淤岐ノ島で渡った先が気多(ケタ)の岬というのが定説ですが、隠岐島という説もあります。稻羽は因幡と考えるのが自然ですが、稲場(稲の置き場)といううがった見方をする人も・・・。

tt012805

 

白兎神社 DATA

名称 白兎神社/はくとじんじゃ
所在地 鳥取県鳥取市白兎603
時間 境内自由
電車・バスで JR鳥取駅から日ノ丸または日本交通バス鹿野または青谷行きで35分、白兎神社前下車。または、JR末恒駅から徒歩28分。または、タクシーで5分
ドライブで 鳥取自動車道鳥取ICから27分
駐車場 125台(道の駅神話の里白うさぎ駐車場)/無料
問い合わせ 白兎観光協会TEL:0857-59-0011
関連HP http://hakuto.tea-nifty.com/blog/

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!