倭文神社(伯耆一之宮)

湯梨浜町にある古社で伯耆国(ほうきのくに)一之宮。機織(はたおり)に携わった倭文氏(しずりうじ)が祖神の建葉槌命(たけはづちのみこと=倭文神)を祀ったのが起源。下照姫命(したてるひめのみこと)など出雲の神々をも祀っています。戦国時代には尼子氏が社殿を再建し、藩政時代には鳥取藩主の祈願所となりました。

境内の経塚から国宝指定の金銅観音菩薩立像などが出土!

社伝では出雲から渡った下照姫命が現・湯梨浜町宇野に着船し、御冠山に登って現在地に鎮まったとされ、大正時代までは下照姫命が主祭神であるとされていました。その後、『式内社調査報告』で、古代に建葉槌命を祀ったのが始まりとされています。

境内には末法思想が色濃く反映された古代の経塚も現存。その経塚から出土の金銅観音菩薩立像、銅造千手観音菩薩立像、銅板線刻弥勒立像、瑠璃玉、素文鏡、銅銭は「伯耆一宮経塚出土品」として国宝に指定されています(東京国立博物館蔵)。経塚はまさにタイムカプセルだったわけです。

下照姫命が女神だったこともあり、古来から安産信仰で有名で、今も安産祈願の参詣者が多いのも特長です。

 金銅観音菩薩立像(左)・銅造千手観音菩薩立像(右)


金銅観音菩薩立像(左)・銅造千手観音菩薩立像(右)/東京国立博物館蔵

鳥取県に3社! 式内社の倭文神社
ちなみに倭文とは、「しずおり」の意。倭文氏は倭文部(しとりべ)を統率した古代の技能集団で、倭文神社は平安時代編纂の『延喜式神名帳』に、伯耆国川村郡(鳥取県東伯郡湯梨浜町)の倭文神社のほかに、伯耆国久米郡(現・鳥取県倉吉市の倭文神社=伯耆三之宮)、因幡国高草郡(現・鳥取県鳥取市の倭文神社)、但馬国、丹後国、伊勢国、駿河国、伊豆国、常陸国、但馬郡、上野国に12社が記載されています。いずれの地も古代に倭文氏が入植し、地域の産業として織物を発展させた地と推測できます。そのルーツは、二上山山麓(奈良県葛城市)の葛木倭文座天羽雷命神社(かつらきしとりにいますあめのはいかづちのみことじんじゃ)といわれています。

倭文神社(伯耆三ノ宮)倉吉に鎮座する倭文神社(伯耆三之宮)

 

倭文神社(伯耆一之宮) DATA

名称 倭文神社/しとりじんじゃ
所在地 鳥取県東伯郡湯梨浜町宮内754
時間 境内自由
電車・バスで JR山陰本線松崎駅からタクシーで5分
ドライブで 鳥取自動車道鳥取ICから1時間22分
駐車場 20台/無料
問い合わせ TEL:0858-32-1985

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!