河原風呂(三朝温泉)

世界有数のラドン含有量を誇る三朝温泉は、平清盛が隆盛を極めた平安時代にまで遡る歴史の古い温泉。ラドン含有量を誇る温泉の多くは冷泉(低温)ですが、ここは高温で湧出する世界的にも珍しい存在になっています。温泉街のシンボル、三朝橋のたもとにある露天風呂が名物の「河原風呂」。

手前が足湯、奥が露天風呂

手前が足湯、奥が露天風呂

掲示される「入浴の心得」

掲示される「入浴の心得」

日中は対岸から丸見えですが、風情はたっぷり

ラドンは加温することで空気中に揮発するため、冷泉よりも温泉のほうがはるかに価値があるのです。ところが世界的に見ても高い温度で湧出するラドン温泉は希少! それが三朝温泉というわけなので、温泉達人・飯出敏夫さんも太鼓判の泉質。

三徳川(地元では三朝川と呼称)の河原に配された公共浴場は、河原と一体化したような昔ながらの混浴露天風呂。脱衣所に簡易な目隠し囲いがあるだけ。対岸のホテルからは丸見えですが、それゆえに目の前を流れる三徳川のせせらぎが心地よく響き、大自然の真っ只中に居るという開放感が味わえるのです。
隣接して24時間利用可能の足湯も設けられています。

三朝温泉は、もともと三徳山の信仰と結びついた温泉地。「六根清浄と六感治癒の地」として「日本遺産(Japan Heritage)」に認定されています。

三朝温泉の共同湯・足湯・飲泉所
三朝温泉の共同湯(公共浴場)は、三朝温泉の起源でもある「株湯」(元湯)、「たまわりの湯」、足湯は薬師の湯、株湯、かじかの湯があります。飲泉所としては、三朝神社にある温泉の手水舎「神の湯」が利用できます。
湯船から川面が望めます

湯船から川面が望めます

河原風呂(三朝温泉) DATA

名称 河原風呂(三朝温泉)/かわらぶろ(みささおんせん)
所在地 鳥取県東伯郡三朝町三朝903-1
営業時間 入浴自由
休業日 奇数日は清掃のため7:00〜12:00は入浴不可
電車・バスで JR倉吉駅から日ノ丸バス三朝温泉行きで25分、終点下車、徒歩3分
ドライブで 米子自動車道湯原ICから国道313号・国道482号・国道179号を36km走った今泉交差点を右折、県道235号・県道21号を3km
駐車場 100台(河川敷駐車場)/無料
問い合わせ 三朝温泉観光協会TEL:0858-43-0431/FAX:0858-43-0430
関連HP http://spa-misasa.jp/

【知られざる鳥取】三朝温泉で「六感治癒」を果たせ!

2016.10.04

三朝温泉で「六感」を癒やし、三徳山で「六根」を清めよう!(三朝町)

2016.10.02

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!