三徳山三佛寺『秋会式(炎の祭典)』

10月最終日曜日、三朝町の三徳山三佛寺(みとくさんさんぶつじ)で『秋会式(炎の祭典)』が行なわれます。祭典では、古来の修験道の行事「採燈護摩大法要」と「火生三昧火渡り神事」も執り行なわれます。法螺貝(ほらがい)の音ととも多数の山伏が、人々の願い事を書いた護摩木を火中に投じるとその願いが叶うという古来の修験道行事です。

信者、観光客が見守る中、修験者が護摩壇に火を点じます

信者、観光客が見守る中、修験者が護摩壇に火を点じます

身体健康、病気平癒、大願成就を願って火渡り!

天台宗の「採燈護摩大法要」は、法螺貝の音とともに多勢の山伏行者が燃え盛る炎のなかに参拝者の願いが記された護摩木を投げ入れ、大願成就を願うもの。その後、護摩木を燃やした残り火で行なわれるのが「火渡り神事」です。火の上を素足で歩くという「火渡り神事」は、修験道の秘術で、身体健康、病気平癒、大願成就などを願う厄除の秘宝。

一般の参詣者も開運厄除けを願って素足での火渡りが可能です。

【例年の法要スケジュール】
9:00〜行者粥竹酒無料接待
10:30〜奉納空手演舞(宝物殿前)
13:30〜採燈護摩大法要(宝物殿前)

燃え盛る護摩壇に護摩木を投じて祈願します

燃え盛る護摩壇に護摩木を投じて祈願します

最後に火が鎮まったら導師を先頭に火渡りの荒行が

最後に火が鎮まったら導師を先頭に火渡りの荒行が

毎月18日には「毎月例護摩祈祷会」も

紅葉の見頃は10月中旬~11月下旬。
このほか毎月18日には「毎月例護摩祈祷会」が行なわれ、三佛寺本堂にて法要後、輪光院にて食事作法をされてからお粥をいただくことができます。前日までに電話予約が必要(定員毎回40名)。
11:00~護摩法要(特別祈願受付いたします)
12:00~斎食儀食事作法(月変わりお粥接待)

取材・画像協力/鳥取県

三徳山三佛寺 秋会式(炎の祭典) DATA

開催日 10月最終日曜
料金 入山料大人400円、小・中学生200円、火渡り神事参加費は500円
投入堂参拝は大人200円、小・中学生100円
所在地 鳥取県東伯郡三朝町三徳1010
場所 三徳山三佛寺
電車・バスで JR倉吉駅から日の丸バスで33分、三徳山参道入口下車
ドライブで 米子自動車道湯原ICから55分。または、中国自動車道院庄ICから1時間5分
駐車場 80台/無料
問い合わせ TEL:0858-43-2666
公式HP http://www.mitokusan.jp/

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!