圓流院

大山寺支院10ヶ院のひとつ。1807(文化4)年、画僧嗒然(とうぜん、法名は台貫)が住職となり、1846(弘化3)年に『大山雑考』を編纂、多くの書画を残しました。平成21年に再建された建物は、天井画110枚が『ゲゲゲの鬼太郎』で知られる境港市出身・水木しげるの力作。「阿弥陀浄土」「補陀落浄土」を除く108枚は妖怪画となっています。

2009年に新築された圓流院の本堂

2009年に新築された圓流院の本堂

ギャラリーのような堂内と解説してくれる吉島潤承館長

ギャラリーのような堂内と解説してくれる吉島潤承館長

吉島館長の秀逸な解説を聞きながら、妖怪画を鑑賞!

圓流院は、大山寺の塔頭(たっちゅう)のひとつ。江戸時代以前には大山寺には42の支院(塔頭)がありましたが、明治初年の廃仏毀釈・神仏分離で(大山寺はいったん廃絶、のちに復興)、その後復興した大山寺支院10ヶ院のひとつ。信徒寺であり檀家は1軒もありません。

再建された本堂がすこし異色なのは、アートギャラリーを意識したからとか。
画僧嗒然ゆかりの名刹である圓流院。奉納された妖怪画と霊峰大山の不思議なパワーを融合させ、新たなるパワースポットの誕生となったわけです。
「描かれる妖怪は、実は神仏の化身」(吉島潤承館長)とのこと。

水木しげるの描いた格天井110枚の妖怪画の中央は描き下ろし作品でもある「大山烏天狗」(だいせんからすてんぐ)。
大山の守護神として霊山に住んだ「伯耆坊」(ほうきぼう)という名の烏天狗です。
「この烏天狗、山中で修行する修験者達を導く仏でもあるのです」(吉島潤承館長)。

そんな吉島館長の解説をじっくりと楽しみながら、堂の床に敷き並べられた座布団に寝そべって天井画を観賞することができます。

水木しげる描く110枚の天井画

水木しげる描く110枚の天井画

中央には大山烏天狗が睨みをきかせています

中央には大山烏天狗が睨みをきかせています

daisenjimap
 

圓流院 DATA

名称 圓流院/えんりゅういん
所在地 鳥取県西伯郡大山町大山9
拝観時間 9:30〜15:30
休業日 3月18日〜12月18日の間公開、期間中は無休
料金 大人400円、小・中学生200円、別途大山寺参拝志納金(大人300円、小人200円)
電車・バスで JR米子駅から日交バス大山寺行きで50分、大山寺下車、大山夏山登山道を徒歩15分
ドライブで 米子自動車道米子ICから県道24号線(大山観光道路)で、博労座駐車場まで15分。博労座駐車場から大山夏山登山道を徒歩15分
駐車場 600台(博労座駐車場)/無料(スキーシーズンは有料)
問い合わせ TEL:0859-52-2158/FAX:0859-52-2728
公式HP http://www.enryuin.jp/

大山寺阿弥陀堂

2016.11.23

大山寺

2016.11.22

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!