「鳥取・大山町御来屋 松葉ガニを食べた地魚料理 恵比須」

この記事は「じぶん日記」から寄稿していただきました。
元記事はコチラ ▶ 「鳥取・大山町御来屋 松葉ガニを食べた地魚料理 恵比須」 : じぶん日記

蟹の中でもスタイルいいなーと思うよ、松葉ガニって。
ゴツゴツしてたりしないもの。足長いし。

お邪魔しましたのは御来屋というエリア。
海沿いにあるお魚センターみくりやと、その上にある新鮮な魚介を使った料理を食べさせてくれる地魚料理 恵比須でおひるごはん!

a0000029_1154082.jpg
お客さんが多くてびっくり。
地元でも相当人気らしい。
お買い物もして帰れるしね!

天丼の定食、日替わりのみくりや定食などなど。
なんと日替わりは680円税込!

a0000029_1156385.jpg
私は海鮮丼。1,080円。

a0000029_11585061.jpg
ぶり、さわら、あじ、鯛、いくら、白いか、甘エビ。

a0000029_11593627.jpg
甘濃い醤油がうれしい~

a0000029_120157.jpg
蟹が美味し過ぎて!甘い甘い甘い。
身の詰まりもいい具合。

a0000029_1204441.jpg
帰りに下のお魚センターで実家に蟹を送りました。

a0000029_12138.jpg
これねー、足の1本でも折れてたらすっごく安くなるんだけどなぁ~
タグはブランドの証。

a0000029_1212883.jpg
のどぐろ。高くなったなー…。

a0000029_122322.jpg
親がに。せこがに、せいこがに、メスがに、香箱がに。色んな言い方ありますね。

a0000029_1233786.jpg
生もあります。

a0000029_1222450.jpg

・・・が、茹でるのも蒸すのも大変なので茹で蟹を実家へと配送~

a0000029_123164.jpg

山陰本線の駅では最も古い駅舎を持つ、御来屋駅。

a0000029_1221714.jpg
みくりや、という言葉を聞いてピンと来た人もいたかも?
御来屋=御厨、つまり神様の厨房という意味で、捧げものを準備する場所であったのです。
下鴨神社へ奉納していたというお話がありました。

山陰本線は海岸線を行きます。
(mapion:http://www.mapion.co.jp/station/ROJ004038/)

a0000029_12271077.jpg
御来屋駅。

a0000029_12415752.jpg
一瞬意味がわからなかったけど、昔は列車で物を送っていたのね。
小荷物運賃表。

a0000029_12425735.jpg
明治35(1902)年に開通した山陰線の、当時そのままの駅舎です。
100年以上の歴史をここに留めています。

a0000029_1244294.jpg
a0000029_12461121.jpg
a0000029_12463861.jpg
ホームに入って見ると、物産などが購入できるみくりや市があります。
ここで白バラ牛乳買って。

a0000029_12472119.jpg
a0000029_12473911.jpg
現代的なコナン列車が来るという、不思議な時空の交わりです・・・

a0000029_1248988.jpg
a0000029_12481935.jpg
引き戸っていうのもね、いいですね。

a0000029_12483466.jpg

 

ABOUTこの記事をかいた人

西村 愛(じぶん日記)

島根県出雲市出身。食と旅のライター。サントリーグルメガイド公式ブログ公認ブロガー、エキサイト公式プラチナブロガー、Rettyトップユーザー、食べあるキング旅グルメ担当。『島根「地理・地名・地図」の謎(実業之日本社)』『わたしのまちが「日本一」事典(PHP研究所)』など地域系書籍の執筆に携わる。箱根スイーツコレクション最優秀ブロガー選出、島根県ふるさと親善大使(遣島使)、出雲観光大使。