日本百名山・大山に登ってきたよ(下山即温泉ビール付)〜鳥取の旅2

この記事は「熊山准のおブログ」から寄稿していただきました。
元記事はコチラ ▶ 日本百名山・大山に登ってきたよ(下山即温泉ビール付)〜鳥取の旅2 : 熊山准のおブログ

日本百名山をざっくり40座ほど登っているぼく。東京に住んでいると、関東近郊や日本アルプス、八ヶ岳へのアクセスはすこぶるよろしいのですが、当然その他のエリア、北海道、東北、関西、中国、四国、九州あたりの百名山はなかなか手を出すことができません。とりわけハードルが高い山のひとつが鳥取県の大山(だいせん)。中国地方に百名山はこれしかないので、わざわざ登りに行かないといけないのです。ゆえに「まあ、いずれご縁があれば…」ていどの気持ちだったんですが、そのご縁が突然やってきたのが11月中旬。鳥取県とプレスマンユニオンの招待で大山登山に出かけてきました。

20161206_1254056257
まずは鳥取県の位置からお勉強しましょう。左が島根で、下が岡山な。

20161206_1275368882
大山は大山町、琴浦町、江府町などにまたがっていますが、今回の登山口は大山町から。

DSC00003
大山レークホテルを7時40分に出発だワン。今回は夏山コースで1709mの弥山を目指します。

DSC00006
登山口にわりと立派なモンベルが。土日は8時に開店するので忘れものをしても安心ね。

DSC00009
お弁当を受け取って、ガイドさんと合流して8時半しゅっぱつ! いきなり小雨ェ…。

DSC00016
しばらく果てしない階段を、えんえんと上がり続けます。

DSC00020
途中にあるのが大山寺最古の建造物で重要文化財の阿弥陀堂です。室町末期に再建。

DSC00026
事前予約すれば重文の中で座禅体験ができるとか。が、我々は山頂を目指します。

DSC00031
標高1000m地点。残り700mですから、わりと余裕なんじゃないかなこれ?

DSC00044
それにしてもこの悪天候よ。前日は快晴だったんだけどなあ。

DSC00047
山の神様よろしく(パンパン)! 運が良ければ雲を抜けて、雲海が見られるかも…。

DSC00048
途中、元谷からの行者谷コースと合流します。この時点で10時。

DSC00051
濃霧のなか避難小屋のある6合目着。長老の飯出敏夫翁いわく「晴れる匂いがする」。

DSC00058
「本当ですかあ〜?」なんて言ってたら、マジ晴れてきた!

DSC00061
険しい三鈷峰・象ヶ鼻方面。あっちは中上級コースらしいでっせ。

DSC00064
崩落期につき、崖崩れが続いている北壁もその姿を見せました。

DSC00072
実際、登山中も時おりガラガラと崩れる音が…。先日降った雪も残ってますな。

DSC00078
とはいえ一本調子で登り続けるだけとも言える大山。8合目を過ぎると楽になります。

DSC00080
ここの分岐を左折すれば山頂へ、右折すれば石室へ参ります。

DSC00085
頂上の木道は周回しているので、先に石室を見に行くことに。けっこう下ります。

DSC00097
大正9年築の避難用石室。毎年7月には神事「弥山禅定」が執り行われるとか。

DSC00093
隣にある地蔵ヶ池&梵字ヶ池からお水を汲んで下山するそう。池塘やな。

DSC00098
というわけで最後の登り返しですよ。相変わらず霧は濃い。

DSC00101
この辺の樹木は特別天然記念物のダイセンキャラボクゆうんだそうです。

DSC00110
お、さっきの木道と合流して、いよいよ…。

DSC00118
山頂避難小屋を超えたらばすぐ…。

DSC00135
大山の弥山側1709mにとーちょー!ちょうど12時、3時間半でした。

DSC00129
本当の山頂は剣ヶ峰1729mなんですが、ガレてて立ち入り禁止です。

DSC00130
それにしてもガスの極み。THETAもドローンも出番ナスよ。

DSC00120
仕方がないので避難小屋で昼食にします。運良く売店がオープン。限定バッジもあるよ。

DSC00140
お弁当の爆弾おにぎりと、温かいカップヌードルをいただきました。うめーよう。

DSC00146
山頂にはかれこれ1時間ほどいて、ゲット下山。

DSC00147
この木道は凍ったりすると凶悪なので、一応軽アイゼンは持ってきてました。

DSC00157
晴れていれば天国への階段になったそうなんですが、日ごろの行いが過ぎました。

DSC00166
麓に大山まきばミルクの里。地上組は白バラ牛乳のソフトクリーム食ってんだろな。

DSC00171
一気に元谷への分岐にやってきましたよ。右折して行者谷コースを下ります。

DSC00177
こっちはかなりえげつない傾斜ですな。

DSC00185
でもその分、下山が早いとも言えましょう。

IMG_4262
元谷避難小屋とダイナミックな北壁の表情。

DSC00199
この辺はまだちょっといい感じに色づいてますね。彩度あげてますけども。

DSC00208
2時間半ほどで大神山神社奥宮に到着! 大山寺信仰のかつての中心地です。

DSC00213
社殿は全国最大級の荘厳な権現造りだとか。確かに圧倒的。

DSC00223
お隣には下山神社。下山時に死んじゃったお偉いさんを祀ったそうです。命がけや。

DSC00228
雨もパラついてきたので参道を逆走しましょう。

DSC00231
ちなみに鳥取中部地震の影響らしい影響は、この石垣の崩落ていどだそうです。

DSC00241
途中、賽の河原や金門やらに立ち寄りつつ…。

DSC00246
しかし日本一の長さを誇るという自然石の参道は、雨が降ると滑って凶悪!

DSC00249
スベることが何よりも嫌いなので冷や汗かきまくり。無事石畳ステージクリア。

DSC00251
目の前の茶屋にあった可愛い狛犬。

DSC00247
こちらは山岳信仰で栄えた大山寺(有料)。地上組は拝観したそうです。

DSC00258
雨が本降りになるなか、16時に登山口に到着。立ち寄り湯「豪円湯院」へGO。

DSC00255
目の前にも無料の足湯があるけど、ミニくまちゃんそっちじゃないよ。

DSC00261
大山下山後に380円で温泉に浸かれるなんて最高じゃんかよ。

IMG_4265
お気に入りは内湯「神の湯」。神棚があってあやしくも癒やされる空間です。

DSC00264
で、で、で、下山&お風呂上がりはビールをキメますよね?

DSC00267
そして施設内で作るお豆腐を使った定食も、サンプルだけどがっつり食べますよね?

DSC00266
豪円おこわ定食(上)も豪円湯豆腐定食も980円のびっくり価格。儲ける気なさげ。

というわけで、あいにくすぎるお天気ではありましたが、これにて日本百名山・大山コンプリートです。とはいえ、実は大山にはもうひとつお花が綺麗なユートピアコースというのもありましてね。両方登ってコンプなんじゃないかと思わなくもありませんし、それ以前にやっぱり次回また天気が良い日に弥山をリベンジしたいという、鳥取県的には嬉しい遺恨が残りました。

肝心の山レベルですが、丹沢の塔ノ岳のバカ尾根コースに雰囲気が近いというか、あれを定期的にピストンしている人なら余裕なのではないでしょうか。冬場はあまりに吹雪いてしまうと山頂でホワイトアウトすることもあるそうですが、装備と知識と経験があれば雪山バージョンでも十分安全に楽しめる山だとも感じました。

くわえて由緒ある山岳信仰の地ですからね。下山後には麓の神社仏閣や文化、歴史もあわせて触れるとより大山を理解できるのではないでしょうか。実際、登山口には大山自然歴史館という建物があるんですが、ここは登山前より下山後に訪れた方が──実体験をともなってきただけに──さまざまな情報がすっと頭に入ってくるような気がします。

そして忘れちゃいけないのが、下山後の温泉です。登山口でも山頂でも案内がないので、実は隠れたスポットなのだそうです。入浴料もこの12月1日に500円から380円に値下がりしましたからね。利用しない手はありますまい。

以上、大山登山レポートでした。ちなみに鳥取の旅はいきなり「2」で始めましたが、実は「1」と「3」がありますので、こちらもおいおい更新します。

つづく。

関連リンク
登山|D-CLUB山陰・大山の旅
大山自然歴史館
大山登山ホームページ(登山ルートマップが見やすい)
大山火の神岳温泉 豪円湯院 | 豪円湯院を中心として大山の地域活性化をめざしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

熊山 准 (熊山准のおブログ)

1974年徳島県阿南市出身。(株)リクルートを経て『R25』にてライターデビュー。執筆ジャンルはIT、ガジェット、恋愛、旅行、登山、現代アートなど。主な媒体に『サイゾー』『MacFan』『TRANSIT』『スゴレン』他。自身のぬいぐるみ「ミニくまちゃん」を用いたアート活動も展開している。第1回妖怪そっくりコンテスト2006 境港観光協会会長賞、マレーシア・サバ州観光大賞2015 最優秀海外記事賞