大山レークホテルかわいい〜鳥取の旅1

この記事は「熊山准のおブログ」から寄稿していただきました。
元記事はコチラ ▶ 大山レークホテルかわいい〜鳥取の旅1 : 熊山准のおブログ

鳥取中部地震でホテルと旅館で1万件のキャンセルが出たそうですよ、奥さん。というわけで11月中旬に出かけてきた鳥取プレスツアーの模様その1です。鳥取県とプレスマンユニオンのご招待でお送りします。ほぼ10年前、第1回妖怪そっくりコンテスト境港観光協会会長賞(あずきあらい)を受賞して以来の鳥取。ともあれハイライトはKAWAIIが詰まっている大山レークホテルですよ!

20161206_1254056257
お約束の鳥取県の位置。

20161206_1275368882
この日訪れた大山町な。


そして、本日の行程。

DSC09741
点呼係なのに遅刻しつつ、6時55分の米子行きに滑り込みセーフ!

DSC09744
8時20分着。降りるなり水木しげる推しです。

DSC09745
しょっぱなにやって来たのは国史跡妻木晩田遺跡。

DSC09747
「むきばんだ」と読みます。とことことこ。パンダっぽいなー。

DSC09746
ややこしいことにイメージキャラはパンダの「むきぱんだ」。どないやねん。

DSC09750
広大な敷地には弥生時代の住居が多数復元されています。

DSC09755
弥生時代の衣裳を借りて散策も可。夏には地元小学生が宿泊体験をするそう。

DSC09766
本館では弥生時代の暮らしが学べますよ。

DSC09767
当時の人たちが狩猟した動物の剥製も。

DSC09769
おっことぬしさまー!

DSC09771
人生で一度はたぬき汁を食してみたい。

DSC09774
捕らえられたのに牧歌的な表情を浮かべるテン。

DSC09775
弥生土器のパズルコーナーもあるでよ。

DSC09790
米子空港や境港方面を臨みます。キャンプしたい。

DSC09796
生の穴も見学できます。

DSC09805
ランチは御来屋漁港直営の恵比須。地元の人たちでごった返してる時点で実力をお察し。

DSC09813
日替わりのみくりや定食680円。

DSC09814
なんだっけ?

DSC09815
天丼は1080円。

DSC09810
プレスマンユニオンのはからいで松葉がにが!

DSC09817
いただいたのは海鮮丼。これで1080円でっせ。ただし醤油は甘め。

DSC09822
1階にはお魚センターみくりや。熊手みたいやな。

DSC09823
松葉ガニは市価より割安だとか。

DSC09825
個人的には白バイを買って帰りたかった。

DSC09828
みそ汁や炊き込みご飯に使いたい親ガニ(セコガニ、コウバコ)もやっす。

DSC09830
数万円は下らない五輝星も在庫してました(予約済)。

DSC09832
続いてやってきたのは明治35年築の御来屋駅。

DSC09833
運賃表も現存。やっすー。

DSC09842
ちょうどコナン列車がやって来ました。駅舎ではコーヒーも飲めますよ。

DSC09843
道の駅大山恵みの里で、なかなか流通していないという香取村のむヨーグルト。

DSC09844
ここにもむきぱんだがいましたよっと。

DSC09868
いよいよやって来ました、今宵の宿の大山レークホテル。

DSC09862
ロゴが★と山ですでに可愛い。

DSC09850
看板犬のガイナちゃん(グレードピレニーズ)とパチりんこ。でけーな、おい。

DSC09853
部屋の鍵もオーセンティックで重みがあります。

DSC09858
ロビーのカフェもいい感じ。なお、宿泊者にはコーヒーのサービスがありますよ。

DSC09855
本日お泊まりするスタンダードツイン。全部屋にファミリーのマッサージチェア完備。

DSC09871

こっちはスーペリア。

DSC09872
バスタブが違う! シュビドゥバ感ある。

DSC09877
部屋からは紅葉が。

DSC09878
アメニティも可愛いロゴがあしらわれています。

DSC09881
続いてプラチナスイート。

DSC09884
池を臨むお風呂もございます。

DSC09890
こちらは大浴場の大山伽羅温泉。ナトリウム塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉です。

DSC09896
裏庭の大野池にやってきましたよっと。

DSC09903
明日登る大山が望めます。

DSC09906
大野池をぐるっと巡る散策路も完備。

DSC09910
周回30分ほど、トレイルランのトレーニングにも良いかもね。

DSC09914
大野池ごしにホテルを見やる。

DSC09920
その2。

DSC09930
いやー、素敵ですな。

DSC09935
夕食前にやって来たのは大山登山口。

DSC09937
明日の大山登山に備えて大山自然歴史館にやって来ました。

DSC09940
「なんだこいつ?」といった表情のガイド矢田貝さん。

DSC09953
ふと外を見れば美しい夕焼け。

DSC09961
ホテルに戻ると暖炉に火が灯っていました。

DSC09965
今宵はプレスツアーでは珍しいフレンチのフルコース。

DSC09973
アミューズは、トリュフ入りリゾットのコロッケ。

DSC09975
前菜に、真鯛のカルパッチョ。フレンチキャビア添え。

DSC09980
鳥取ワインもサーブされます。

DSC09984
スープは各種キノコの森林風。これは美味かった。

DSC09985
何より焼きたてのパンがうまし。何度もおかわりしてしまいました。

DSC09989
魚料理は境港で水揚げされたサワラのポワレ。

DSC09993
お肉は牛フィレ。適量でいいね。

DSC09995
とどめのデザートはガトーショコラと鳥取のフルーツ、ピスタチオのアイス。

DSC09996
あまりに可愛いのでマグカップをご購入。

DSC09999
朝食はバイキングスタイル。ちゃんと和食もあります。

DSC00001
たまごかけご飯が食べたかったのですが生卵がないのでスクランブルエッグで代替。

むきばんだも、みくりや漁港も良いのですが、何よりこの大山レークホテルが最高でした。しかし最低価格が1万9000円。うーん、今のところご縁がなさそうです。

つづく

関連リンク
むきばんだ史跡公園/教育委員会/とりネット/鳥取県公式サイト
お魚センターみくりや
道の駅 大山恵みの里
大山自然歴史館
大山レークホテル 神の山「大山」 麓のリゾートホテル – 鳥取県大山町

 

ABOUTこの記事をかいた人

熊山 准 (熊山准のおブログ)

1974年徳島県阿南市出身。(株)リクルートを経て『R25』にてライターデビュー。執筆ジャンルはIT、ガジェット、恋愛、旅行、登山、現代アートなど。主な媒体に『サイゾー』『MacFan』『TRANSIT』『スゴレン』他。自身のぬいぐるみ「ミニくまちゃん」を用いたアート活動も展開している。第1回妖怪そっくりコンテスト2006 境港観光協会会長賞、マレーシア・サバ州観光大賞2015 最優秀海外記事賞