豊乗寺

宇谷山豊乗寺(ぶじょうじ)は鳥取県八頭郡智頭町にある空海(弘法大師)ゆかりの密教寺院(高野山真言宗)。平安時代の嘉祥年間(845年~851年)、空海の法弟・真雅の開基という古刹です。国宝「絹本著色普賢菩薩像」、国の重要文化財に指定の「絹本著色楊柳観音像」(ともに東京国立博物館に寄託)など多くの寺宝があります。

境内には高野槇、杉の巨木も茂る

1580(天正8)年、羽柴秀吉による因幡侵攻の兵火で多くの堂宇が焼失していますが、時の住職は、現在、国宝に指定の「絹本著色普賢菩薩像」(法華信仰を背景に平安時代に描かれた仏教画)、国の重要文化財の文化財に指定の「絹本著色楊柳観音像」、「木造毘沙門天立像」などの寺宝を、機転を利かせて地中に埋めて守ったと伝えられています。寛永年間(1624年~1643年)、高野山の真慶が中興する際に、地中から寺宝を発見したのだとか。

1782(天明2)年築の大師堂、1744(延享元)年築の山門は鳥取県の文化財。境内には高野槙(こうやまき)の巨木、県の天然記念物に指定の杉の巨木も茂っています。

国宝「絹本著色普賢菩薩像」

国宝「絹本著色普賢菩薩像」

豊乗寺 DATA

名称 豊乗寺/ぶじょうじ
所在地 鳥取県八頭郡智頭町新見73
時間 境内自由、事前に予約すれば説明を聞くことができます(10:00~17:00)
料金 拝観無料
電車・バスで JR智頭駅から徒歩30分
ドライブで 鳥取自動車道智頭ICから4.9km(12分)
駐車場 あり/無料
問い合わせ TEL:0858-75-0194/FAX:0858-75-1691

 

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!